2018年3月19日月曜日


たまたまテレビでパラリンピックのスキー・スラロームを観て、
選手たちの奮闘に思うところがありました。
 
 
私も学生時代に多少スキーを経験しましたから、
スキーを縦に強く踏み付けるのも難儀な身体で、
固いバーンを完走するのは本当に奇跡だと感動しました。
 
一本滑ったら相当のダメージが残るのではと想像します。
 

身体の障がいといっても、その原因は病気や事故、
そして先天性と、選手それぞれに違いがあり、
決して平等には語れません。

順位を付けること自体に無理がありそうです。

選手それぞれがベストのパフォーマンスを発揮出来たなら、
日ごろの努力が報われる瞬間となり、それこそ金メダルの
価値があるでしょう。





健常者のオリンピックとて同じで、
国力、資金力、指導・練習環境の違いはもちろん、
目に見えない個別のハンデがあるなか、速さや
美しさという同一基準で順位を付ける無常があります。

もちろん、そのなかで結果を出すことに価値がありますが、
自分に打ち勝つ姿こそ美しいものです。

 

一方、私たちのようにビジネスの世界で生きる人間も、
日々厳しい競争にさらされています。

会社と自分の目標をリンクさせ、達成に向かって成長を目指し
ますが、とかく人と比較されることが多いのが現実です。




しかし競うべき相手は他人ではなく自分自身なのだと理解すると、
器が大きくなり、より成長出来るのではないでしょうか。
 

忘れがちなのは、心のハンデキャップです。

性格や生い立ちもありますが、自らの心がハンデを作り出して
いることも多いのではないでしょうか。

若いころは視野が狭く、何かしら心のバイアス(偏見)が邪魔をして、
素直に行動できないことが多いです。(私も多かったです)
 

シンプルに行動できれば楽なのですが、それがなかなか出来ない。

それは他人と比べるからです。


本質的に言えば、競争する相手を他人に置くのではなく、
自分が成長するためのモチベーションと割り切るべきです。

「ライバルの存在が自分を成長させてくれた」
アスリートからよく聞くコトバですが、
我々もこの境地に行ければ・・・



あの人に追いつきたいとか、追い越したいとか、モテたいとか、

る気の素を他に求めても構いませんが、結局やるのは自分です。

戦うべきは自分の心のなかにあります。

一歩踏み出す勇気が大切ですね。  

その心の壁をひとつひとつ越えることが、
人生をHappyに導く王道だと思います。
 

ある意味オリンピック選手のように、高い目標を掲げ、
同じ志を持つ仲間を作り、

自己実現のため、頼りにしてくれる人のため、
前向きに行動できるような社会人になりたいものです。

 
19卒REXの新卒採用

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2018年3月11日日曜日

平昌五輪フィギアスケート金メダリスト

羽生結弦さんは

2011年震災のあと避難所生活を経たことで、精神的に

とても逞しくなった方だと思います。

被災者、そのご遺族に勇気を与える存在であることは

もちろん、多くの日本国民に影響を与えた人物と言える

でしょう。



これから社会に出ようとする学生さんたちも

どうせ仕事をするなら、社会に大きな影響を与える仕事を

したいと考えるかもしれません。

能力のある学生ほど、そう考えるでしょう。


たしかに大企業、とくにグローバルな企業は、多くのユーザー

にリーチしているので、そこで働くと多くの人に貢献出来ると

考えることは、決して間違いではないと思います。


私も学生のころはそう考えました。

誰もが一度は手に取る、美味しくて親しみやすい食品を生み出し

たいと、食品メーカーに就職しました。


6年半働き、営業としては頑張り、我ながら評価されていると感じ

ていましたが、残念ながら商品を作る(企画する)ポジションには

行きつきませんでした。


大企業、ベンチャー企業、いずれにしても団体戦の一員として

働くわけですから、間接的に多くの人に影響を与える仕事

とはなるでしょう。


働く個人としては、先の読みにくい時代を生き抜くためには、

組織の人事に自分のキャリアを左右される大企業で働くことが

決して安全とは思えません。


その大会社以外では活用しにくいスキルを身に付ける必要が

あるからです。


世界に通用する人材になる以前に、

「社内で通用する社員」になることが先決であり、

それはそれはエネルギーを使うことだからです。


(働かないと理解しにくいことかもしれませんが)


本当に多くの人に影響を与えていると感じて働けるかどうか・・・

そこは大企業で働く先人たちが築き上げた ブランド の力、

歴史の重み、すなわち信用力に依存するところが大きいです。


成長を目指すベンチャー企業で働いた場合、

その信用力を自分たちの手で築く実感を得ながら働くことが

遣り甲斐となります。


ただし、ベンチャー企業も色々なので、就職に際しては、

その企業の存在価値が社会にとって有益で、クリーンで、

一過性のサービスではないかどうかを考えるべきと思います。


働く人の遣り甲斐を生み、大きな夢を持てるのは、

そんな企業ではないでしょうか。


2019年REXの新卒採用

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX



今日3月11日は

東日本大震災があった日


JR浜松町駅前にあった当時のオフィス、

18階の面談室で、若い公認会計士

の方の転職相談をしている最中でした。

2時46分すぎ、

強い揺れが始まり、お互い座席から中腰になり、

その揺れが通り過ぎるのをただただ待っていました。


社員5人と不安なときを過ごしてから、すでに7年とは・・・


被災者の方、ご遺族の方々にとっては

我々の想像もつかない不安と恐怖を抱きながら

歩んで来られたのかと思うと、

震災については軽々しく語れないものがあります。


生きる希望を捨てないで頑張っていらっしゃる方々も多く

いますし、健康で平穏に暮らせる今を感謝したいですね。


さて、当社にとっても2011年は大きな転機でありました。

リーマンショック後の経済停滞に巻き込まれた、我々REXも

この間7年で、社員数は5人から50人へと10倍になりました。


あのあと成長拡大へと駆り立てたモチベーションのひとつには、

無事である自分たちがもっと頑張らなくては申し訳ないという

思いが芽生えたことも事実です。


そして、新卒採用を復活させて3年目、


土曜日は逆求人型採用イベントに参加しました。


仲間を増やし、社会へ貢献する ”人づくり” に邁進中です!

レックスアドバイザーズ 2019年新卒採用

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2018年3月5日月曜日

久方ぶりの投稿になります。

さて、3月1日より2019年新卒採用が解禁しました。

学生も企業もだいぶ前から就職そして採用活動を始めているところが
多いですから、
もはや活動解禁自体が形骸化していて、なんだか白々しいのですけど、
遅ればせながら、当社の2019年卒採用も本格的に活動開始です。

当社レックスアドバイザーズの新卒採用に関しては、
3年連続の採用活動となります。

マイナビさんの新卒ナビにも掲載し、自社説明会を開きます。

イベントもいくつか参加予定ですが、
先日、13年前に新卒採用活動した、同じ場所で、同じ人材会社さん
の新卒ベントに参加しました。

会場のビルから撮った写真です。
当時は東京スカイツリーはありませんでした。

初めて新卒採用活動をしたとき活用させていただいた採用イベント
が今でも活況であることに感慨深いものがあります。

会場の前にある、老舗の”たい焼き屋さん”も今だ健在で営業して
くれていて、
懐かしさのあまり、4つ買って採用メンバー4人で食べました。

昔ながらの焼き方で、
あんこが尻尾まで詰まっていて美味かったな~

写メ撮っておけばよかった・・・

13年前はこのイベントから意欲のある良いメンバー4人も採用できて、
入社後は新卒メンバーが運営する新規事業「新卒紹介事業」に
チャレンジしたのです。

良い人と出会える美味しいイベントの印象を持っていましたが、
採用したい会社さんもたくさんあるし、

当社の独自性と成長性をビジネス経験のない学生さんに理解して
もらうには相応の時間もかかるでしょう。

今回は、”たい焼き”のように甘くは無いかもしれません。

どうか良いご縁がありますように!

レックスアドバイザーズ採用窓口【マイナビ新卒】


税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2017年3月16日木曜日

成長企業


成長企業には成長する法則があると思います。

キーワードは ”本気”


社長の本気、幹部の本気、社員の本気。


それが揃えば、会社は必ず成長します。


ベンチャーの社長が好き勝手していては、そもそもハナシにならないし、

社員がやらされ仕事をしていては現状維持も覚束ない。


寄らば大樹の大企業なら、ぶら下がっている人材も多少いるかもしれないけど、

ベンチャーは全員が本気でかからないと成長ベンチャーにはなれない。


本気・・・・・あと、明るさ ですかね。


岡村

2017年3月14日火曜日

働き方改革

毎日のように「働き方改革」についてのニュース・記事を見かけます。

今日の日経にも、首相肝煎りの成長戦略として9つのテーマが掲載されていました。

1:同一労働同一賃金など非正規の待遇改善

2:賃上げと労働生産性の向上

3:長時間労働の是正

4:転職・再就職支援。格差を固定させない教育

5:テレワーク、兼業・副業など柔軟な働き方

6:働き方に中立な社会保障制度、税制。女性・若者の活躍

7:高齢者の就業促進

8:病気の治療、子育て・介護と仕事の両立

9:外国人の受け入れの問題


優先度の差はあるけれど、どれもが当社の未来に関わるテーマですね。
(事業的、社内的、将来的)


4月から4人の新卒を迎え40人を超えますが、 まだまだ小回りの利くサイズだけに、

ひとつひとつ取り組んでいこうと思います。


REXメンバーも、こういった世の中の動きを掴み、

自社改善とともにクライアントサポートに生かしてもらいたい。

アンテナ高く日々を過ごしたいものです。


変化していくことをメンドーくさいと思うか、楽しもうとするか、

後々大きな差がでてくると思うのです。


働きやすい体制作りとともに、目指すは会社好き仕事好きの自走集団です!


税理士・公認会計士・弁理士の転職相談、採用支援ならREX

2016年9月6日火曜日

ライセンス契約

最近、YBCのコマーシャルが目につきはじめました。
どこ??って山形の放送局でも会計業界で有名なコンサル会社でもありません。ヤマザキビスケットカンパニーのことです。

山崎製パンとナビスコのライセンス契約が8月末で終了し、ナビスコブランドで親しまれたクラッカーやビスケットの売れ筋が、そのままでは売れなくなったようです。「リッツ」がカタチを変えて味はそのまま?の「ルヴァン」になり、それで女優さんのCMが目立っているのですね。

また、今後「オレオ」はライセンスを持つ別のメーカーが売るようで、チップスターはそのままYBCで売れるとのこと。このあたりの権利は複雑です。日本企業びいきとしてはリッツファンがそのまま新製品に流れてくれることを願っています。

さて、海外ブランドのライセンス終了と言えば、昨年本家との契約が切れた山陽と「バーバリー」が衝撃的でした。多くの売上をバーバリーシリーズで賄っていた同社の株価は半分以下になり決算の業績も厳しいようです。こちらも新たなブランドを育てて復活してほしいと思います。

当然と言えば当然なのですが、外資は初めに現地企業と手を組みブランドを根付かせますが、そのうち自前で販売するようになります。本家のクオリティを保つためとか販売戦略の違いとか様々な理由があるでしょうけど、残された提携企業としては後が大変です。

昔を思い返せば、かつてスナック菓子のフリトレーも不二家フリトレーという社名でしたし(現在カルビー傘下)、アディダスだってデサントが売ってました。 LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの例を見るとおり、ファッションも食品も世界ブランドは集約されている傾向があり、その他の海外ブランドも変遷を探ると面白いのではないでしょうか。

経営する側としては自前のブランドを地道に育てていくのがベストだとは思いますが・・・

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX